「ホットな情報@上野物流」
 当サイトは,時事、ネット関連、生活関連などの情報をみなさんに伝えるウェブログです。
古い掘り出し情報なども掲載しております。



上野物流をスタートページにする

  
[世界検索] [科学] [スポーツ]



2005年04月09日

世界へはばたけジャパニーズ・オタク

【ニューヨーク・共同新聞8日より】

漫画やアニメなど戦後の日本のサブカルチャーを網羅的に紹介する展覧会
「リトルボーイ 爆発する
日本のサブカルチャー・アート展」


が8日、ニューヨークの民間団体ジャパン・ソサエティーで始まった。



アニメのキャラクターなどを使ったアートで高い評価を得ている村上隆氏が監修し、
日本のサブカルチャーを支えるオタク文化を検証する企画。
会場にはウルトラマンシリーズに登場する怪獣の絵、ゴジラやハローキティのおもちゃ、
ドラえもんの漫画などのほか、20歳代の「オタクアーティスト」の作品も並ぶ。
この展覧会は7月24日まで開催される。


この中でも、私が特に注目しているが、村上隆氏。彼の作った
不思議な服を着た女の子のフィギュアや、裸に近い女の子のフィギュアは、
1〜2千万の芸術価値がつくこともあるという。



昔の彼のインタヴューでは、
端的に言えば「アートとはエロスだ」みたいなことを言ってました。

つるつるのツボは、年取った金持ちのおじさんが、
なでて女を感じるためだとか。

確かにアートにはそういう面が大きいのかも知れませんね。
画家はなぜか女の裸をよく描きますし。。


彼の作品が日本でも一般人に広く認められれば、
オタクは高尚な人種となり、社会的地位が大きく向上するのでしょうか。

オタクを学ぶ−
アキバblog

posted by Alamode at 12:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2863550

この記事へのトラックバック

僕の意見
Excerpt: 今回は僕の意見を書いてみたいと思います ------------------------------------------------------------------------------..
Weblog: 僕のオタクニュース
Tracked: 2005-09-19 14:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。